【Excel超入門】関数で平均、合計、標準偏差、分散を計算

ExcelのAVERAGE関数で平均(AVERAGE)、合計(SUM)、標準偏差(STDEV)、分散(VAR)を計算する方法についてまとめました。

【Excel関数】平均、合計、標準偏差、分散を計算

Excelでは、以下の関数で指定したセル範囲における平均、合計、標準偏差、分散を計算できます。

関数 概要
AVERAGE(範囲) 平均を求める。
SUM(範囲) 合計を求める。
STDEV.P(範囲) 標準偏差。指定されたデータそのものばらつきを求める。
STDEV.S(範囲), STDEV(範囲) 不偏標準偏差。データ抽出元の母集団のばらつきの推定値を求める。
VAR.P(範囲) 分散。指定されたデータそのもののばらつきを求める。
VAR.S(範囲), VAR(範囲) 不偏分散。データ抽出元の母集団のばらつきの推定値を求める。

【使い方】操作手順(平均値の例)

例えば下記のようなデータがあるとします。

A B C
1 氏名 英語 数学
2 アルトリア 95 30
3 ジャンヌ 85 75
4 沖田 45 65
5

関数ボタンを使う場合は、以下のように操作します。

①B5セルをクリックします。
②関数ボタン[fx]をクリックします。
③[AVERAGE]を選択する。
④[数値1]に「B2:B4」と入力します。(シートでセルをドラッグして選択することも可能)
⑤[OK]ボタンをクリックします。
⑥すると、B5セルにB2~B4セルの値の平均値が表示されます。

直接関数を入力する場合は、以下のように操作します。

①B5セルをクリックします。
②B5セルに「=AVERAGE(B2:B4)」を入力します。

【Excel超入門】関数・VBAマクロの使い方
Excelの基本操作、関数・VBAマクロの使い方について初心者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました