【Excel時短テクニック】関数や計算式の参照元をチェックして間違いを素早く見つける方法

Excelの関数や計算式の参照元をチェックして間違いを素早く見つける方法について紹介します。

【参照元のトレース】関数や計算式の参照元をチェックして間違いを素早く確認

計算式が複雑になるほど、計算結果がエラーになってしまったり、正しい値が出なくなります。
その場合、「参照元のトレース」という機能を使うと、入力した計算式と関係しているセルを線でつないでくれます。
これにより、誤ったセルを参照している場合に一目瞭然でわかります。

● トレースしたいセルを選択します。

● 「数式」タブ→「参照元のトレース」をクリックします。

使用例

補足

以下の機能を併せて使うとより便利です。

● 「数式」タブ→「数式を表示」をクリックすると、シート内のすべての数式がセルに表示されます。

● 「Ctrl+Shift+@」ショートカットキーで、計算式をそのままセルに表示できます。

【Excel超入門】関数の使い方・便利な機能まとめ
Excelの基本操作、関数の使い方について初心者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました