【App Store Connect】「2. 3 Performance: Accurate Metadata」でリジェクトされた場合の対策

App Store Connectでアプリを提出し「2. 3 Performance: Accurate Metadata」でリジェクトされた場合の対策方法について紹介します。

【拒否理由】2. 3 Performance: Accurate Metadata

2. 3 Performance: Accurate Metadata
Guideline 2.3.7 - Performance - Accurate Metadata


Your app name or subtitle to be displayed on the App Store includes keywords or descriptors, which are not appropriate for use in these metadata items.

Specifically, the following words in your app name or subtitle are considered keywords or descriptors:

XXXXXXXXXX
YYYYYYYYYYYY 
2. 3パフォーマンス:正確なメタデータ
ガイドライン2.3.7-パフォーマンス-正確なメタデータ


App Storeに表示されるアプリ名またはサブタイトルには、これらのメタデータアイテムでの使用に適さないキーワードまたは記述子が含まれています。

具体的には、アプリ名またはサブタイトル内の次の単語は、キーワードまたは記述子と見なされます。

XXXXXXXXXX
YYYYYYYYYYYY 

これはアプリ名やサブタイトルを修正する必要があるリジェクトです。
キーワードを詰め込みすぎず自然な文章に修正します。

【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
Flutterによるアプリ開発について入門者向けに紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました