【App Store】申請したアプリがリジェクトされた場合の対策

App Storeで申請したアプリがリジェクトされた場合の対策について紹介します。

【拒否理由】「Guideline 4.2 – Design – Minimum Functionality」

■リジェクトメッセージ

1.0 バイナリでの却下2020年1月10日
Guideline 4.2 - Design - Minimum Functionality We found that the usefulness of your app is limited by the minimal amount of content or


Guideline 4.2 - Design - Minimum Functionality


We found that the usefulness of your app is limited by the minimal amount of content or features it includes.

Next Steps

We encourage you to review your app concept and incorporate different content and features that are in compliance with the App Store Review Guidelines.

We understand that there are no hard and fast rules to define useful or entertaining, but Apple and Apple customers expect apps to provide a really great user experience. Apps should provide valuable utility or entertainment, draw people in by offering compelling capabilities or content, or enable people to do something they couldn't do before or in a way they couldn't do it before.

■翻訳(google)

ガイドライン4.2-設計-最小機能アプリの有用性

アプリの有用性は、含まれるコンテンツや機能の最小量によって制限されることがわかりました。

次のステップ

アプリのコンセプトを確認し、App Storeレビューガイドラインに準拠したさまざまなコンテンツと機能を組み込むことをお勧めします。

便利で楽しいものを定義するための厳格なルールはないことを理解していますが、AppleとAppleの顧客は、アプリが本当に素晴らしいユーザーエクスペリエンスを提供することを期待しています。アプリは、価値のあるユーティリティやエンターテイメントを提供し、魅力的な機能やコンテンツを提供することで人々を引きつけ、人々が以前はできなかった、または以前はできなかった方法で人々ができるようにする必要があります。 

概要

この審査不合格通知は要は「つまらないアプリだから審査で落としました」という意味です。
シンプルなアプリによく観られる最悪の通知です。

この場合、以下の対策が有効です。

対策
1 リジェクトに反論せず機能追加して再アップロードし、再審査を受ける
2 アプリのコンセプトを変更する
3 唯一性や使いやすさをResolution Centerで主張する。
3 BundleIDを変えて再アップロードして審査を受ける(審査員が変わって合格する可能性があるそうです。何度再申請してもだめなら試してみるのもありかなと)
関連記事
1 【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発

コメント

タイトルとURLをコピーしました