【iOSアプリ開発】アーカイブの作成とアップロード

iOSアプリ開発(Apple Developer)でアーカイブを作成してアップロードする方法を紹介します。

【手順1】アーカイブの作成とアップロード

● [Apple Developer]へアクセスします。

● [xcodeproj] or [xcworkspace]ファイルをダブルクリックしてXCodeを開きます。

● [Product] -> [Archive]をクリックします。
すると、「Archiving…」と表示されるので、終わるまで待ちます(15分程度かかる)。

● Archiveが終了したら、Archiveしたファイルが一覧表示されます。
作ったアプリを選択して、画面右の[Distribute App]をクリックします。

● [iOS App Store] -> [Next]を選択します。

● [Upload] -> [Next]を選択し、しばらく待ちます。

● 以下の画面が表示されたら、全てチェックついた状態で[Next]をクリックします。

● [Select certificate and iOS App Store profiles]という画面が表示されます。

「Distribution certificate」で、「」で作ったCertificateファイルが表示されていることを確認します。

次に下にある[Select Profile] -> [Provisioning Profile]を選択し[Next]をクリックします。
(※選択肢になければ、「Import Profile」から取り込みます)

⑨ 以下の確認画面が表示されるので、[Upload]をクリックします。

【エラー対策】Signing for “Runner” requires a development team

Build target Runner of project Runner with configuration Release
error: Signing for "Runner" requires a development team. Select a development team in the Signing & Capabilities editor. (in target 'Runner' from project 'Runner') 

● Xcodeの[Profile]タブ -> [Team] -> 開発者名を選択

【エラー対策】Error ITMS-90717

アップロード時に以下のエラーが出ることがある。

iTunes Store Operation Failed
Error ITMS-90717: "Invalid App Store Icon. The App Store Icon in the asset catalog in 'Runner.app' can't be transparent nor contain an alpha channel."

● アプリアイコンのアルファチャンネル(透過チャンネル)を削除して、再度releaseビルドからやり直す。

● flutterなどの一括アイコン作成等を使っている場合は、キャッシュ等が残っていて変更が反映されないことがあるので、「ios/Runner/AppIcon.appiconset」内にあるアイコン画像を全削除してから一括作成すると確実。

【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
Flutterによるアプリ開発について入門者向けに紹介します。
flutter
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました