【iOSアプリ開発】Certificate(証明書)を発行する方法

iOSアプリ開発(Apple Developer)でCertificate(証明書)を発行する方法を紹介します。

【はじめに】Certificate(証明書)とは

Certificate(証明書)とは、iOSアプリの開発で必要な電子証明書です。
有効期限は1年で、期限が切れるたびに毎年更新が必要となります。

新規に発行する手順は以下のとおりです。

操作
1 証明書署名要求ファイル(CSR : Certificate Signing Request)の作成
2 証明書(Certificate)の作成
3 証明書(.cerファイル)の登録

【手順1】証明書署名要求ファイル(CSR)の作成

① Macパソコンで「キーチェーンアクセス」アプリを起動します。

②「キーチェーンアクセス」>「証明書アシスタント」>「認証局に証明書を要求」をクリックします。

③「ユーザのメールアドレス」に自身のメールアドレスを入力します。
「要求の処理」を「ディスクに保存」に設定します。
「CAのメールアドレス」は空欄のままにして「続ける」をクリックします。

④ [CertificateSigningRequest.certSigningRequest]をパソコンに保存します。

【手順2】証明書(Certificate)の作成

① [Apple Developer]へアクセスします。

②「Certificates, Identifiers & Profiles」をクリックします。

③ 「+」ボタンを押して、新規作成します。

⑤「App Store and Ad Hoc」を選択し、[Continue]をクリックします。

⑥[Upload CSR file]をクリックし、【手順1】で作成した「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」をアップロードし、[Continue]をクリックします。

⑦ [Download]をクリックして[.cerファイル]を保存します。

【手順3】証明書(.cerファイル)の登録

証明書「ios_distribution.cer」をダウンロードしたら、ダブルクリックしてキーチェーンアクセスに反映させます。
キーチェーンアクセスの左下の[分類]項目を選択して、「iPhone Distribution: XXXX XXXX」のような証明書が新しく登録されていれば成功です。XXXX XXXX部分には、証明書要求の情報入力の際に登録した通称が表示されます。
「Certificates, Identifiers & Profiles」 -> 「Certificates」のページにも新しく追加されます。

【Flutter】iOSアプリをApp Storeに公開する方法
Flutterで作成したiOSアプリをApple Storeに公開する方法についてまとめました。
【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
Flutterによるアプリ開発について入門者向けに紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました