【Flutter】エラー対策集

Flutterでアプリ開発したときのエラー別の対策を紹介します。

【エラー対策】このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません

Flutterで作成したAndroidアプリをGoogle Play consoleで配信しようとした際に以下のエラーが出ることがあります。

このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません

以下の APK または App Bundle は 64 ビットのデバイスで利用できますが、32 ビット向けネイティブ コードしか含まれていません。200

アプリには 64 ビットと 32 ビットのネイティブ コードを含めます。Android App Bundle 公開形式を使用して、各デバイスのアーキテクチャが自動的に必要なネイティブ コードだけを受け取るようにします。これにより、アプリ全体のサイズが増大することを回避できます。詳細 

これは、2019年8月1日から、Google Playで公開するアプリは64ビットアーキテクチャをサポートする必要があるためです。

解決方法はFlutterのバージョンを1.7以上にアップグレードすることです。

flutter upgrade 
詳細記事
1 【Flutter】「このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません」エラーの対策

【エラー対策】INSTALL_FAILED_INSUFFICIENT_STORAGE

以下のエラーはAndroid Studioで起動しているAndroidエミュレータ上のデータが一杯になったときのエラーです。

adb: failed to install C:xxxx\build\app\outputs\apk\app.apk: Failure [INSTALL_FAILED_INSUFFICIENT_STORAGE]
Error launching application on AOSP on IA Emulator. 

そのため、エミュレータ上でアプリデータなどを削除すればエラーが解消されます。

関連記事
1 【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
flutter
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました