【Flutter】「このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません」エラーの対策

Flutterで作成したAndroidアプリをGoogle Play consoleで配信しようとした際に「このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません」というエラーが出た場合の対策方法についてまとめました。

【Androidの場合】アプリ名を変更

Flutterで作成したAndroidアプリをGoogle Play consoleで配信しようとした際に以下のエラーが出ることがあります。

このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません

以下の APK または App Bundle は 64 ビットのデバイスで利用できますが、32 ビット向けネイティブ コードしか含まれていません。200

アプリには 64 ビットと 32 ビットのネイティブ コードを含めます。Android App Bundle 公開形式を使用して、各デバイスのアーキテクチャが自動的に必要なネイティブ コードだけを受け取るようにします。これにより、アプリ全体のサイズが増大することを回避できます。詳細 

これは、2019年8月1日から、Google Playで公開するアプリは64ビットアーキテクチャをサポートする必要があるためです。

解決方法はFlutterのバージョンを1.7以上にアップグレードすることです。

flutter upgrade 
関連記事
1 【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
flutter
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました