【Androidアプリ開発】Google Play App Signingの設定方法

Androidアプリ開発におけるGoogle Play App Signingの設定方法についてまとめました。

【はじめに】Google Play App Signingとは

Google Play App Signingとは、Androidアプリの署名方式の1つです。
この方式では、開発者が作成し署名を、開発者ではなくユーザーが管理します。
つまり、Upload KeyをApp Signing Keyから分離し、後者をGoogle先生が管理)。
これによって、最初にapkファイルをアップロードした段階で「App Signing Key」が固定され、開発者が「Upload Key」を失っても、再作成すればアプリの更新を行えます。

【設定方法】既に旧式の方法でアップロードしているアプリの場合

既に旧式の方法でアップロードしているアプリに「Google Play App Signing」を設定する手順は以下の通りです。

① Google Play Consoleから[アプリの署名]ページを開きます

② PERKツールをダウンロードします。

③ コマンドプロンプトを開き、「PEPKツール」「アプリの署名ファイル」があるフォルダに移動します。

cd C:\Users\ユーザー名\Download\pepk 

④ 以下のコマンドを実行します。打ち込む

java -jar pepk.jar  


--keystore=<keystore pass>
--alias=<alias name>
--output=<output path>
パラメータ 概要
keystore pass 署名ファイルのパスを入力
alias name 署名ファイルのエイリアス名を入力
output path 暗号化後の署名ファイルの出力パスを入力(例:C:\Users\ユーザー名\Download\pepk\key.pem)

⑤ Android Studioの[Build] -> [Generate Signed APK]から、最初に作った署名ファイルと同じ方法で新しい署名ファイルを作ります。

⑥ コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行し、⑤で作成した署名ファイル(Upload Key)から証明書ファイルを作成します。

keytool -export -rfc -keystore <keystore path> -alias <alias name> -file <output path>
パラメータ 概要
keystore path ⑤で作成した新しい署名ファイルのパス
alias name ⑤で作成した新しい署名ファイルのエイリアス名(別名)
output path 作成する証明書のファイル名(例:upload_key.pemというように拡張子に「pem」をつける)

⑦ 作成した証明書をGoogle Playにアップロードします。

関連記事
1 【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
flutter
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました