【Flutter入門】インストール方法(Windows10, Mac編)

Windows10, Mac環境にFlutter開発環境をインストールする方法について紹介します。

【Windows編】Flutterのインストール手順

① 「Android Studio + Android SDK + Build-Tools」をインストールします。

Android Studioのインストール (Windows10, Mac編)
この記事では、Windows10にAndroid Studioをインストールする方法について紹介します。

② 公式HP(https://flutter.io/)の[Get started]をクリックし、Flutter SDKをダウンロードします。

③ ダウンロードしたzipファイルを解凍し、flutterディレクトリをCドライブ直下に配置します。

④ 環境変数のパスを設定します。

C:\flutter\bin 

⑤ コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行し、ヘルプが表示されたらインストール成功です。

$ flutter 
【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
Flutterによるアプリ開発について入門者向けに紹介します。

【Mac編】Flutterのインストール手順

● 「Android Studio + Android SDK + Build-Tools」をインストールします。

Android Studioのインストール (Windows10, Mac編)
この記事では、Windows10にAndroid Studioをインストールする方法について紹介します。

● Android Studioを起動し、「Configure」→「Plugins」を開きます。

● 2つのプラグイン「Flutter」「Dart」をインストールします。

● Android Studioを再起動し、「Flutterプロジェクト」を作成します。

● 以下ページからFlutterのSDKファイルのZIPファイルをダウンロードし、解凍して任意のディレクトリに置きます。
https://flutter.dev/docs/get-started/install/macos

● ターミナルを開いてFlutterのパスを設定します。

bashの場合

echo 'export PATH="$PATH:[flutterディレクトリを配置している絶対パス]/flutter/bin"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile 

zshの場合

echo 'export PATH="$PATH:[flutterディレクトリを配置している絶対パス]/flutter/bin"' >> ~/.zshrc
source ~/.zshrc 

【.zshrcの例】

export PATH=$PATH:/Users/libs/flutter/bin 

● コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行し、ヘルプが表示されたらパス設定は成功です。

$ flutter 

● Flutterで環境構築が正常にできたか確認するために「flutter doctor」を実行したとき、以下のようにAndroid toolchainのライセンス承諾ができていないと出ることがあります。

% flutter doctor
Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[✓] Flutter (Channel beta, 1.25.0-8.2.pre, on macOS 11.1 20C69 darwin-arm,
    locale ja-JP)
[!] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 30.0.3)
    ! Some Android licenses not accepted.  To resolve this, run: flutter doctor
      --android-licenses
[✓] Xcode - develop for iOS and macOS (Xcode 12.3)
[✓] Android Studio (version 4.1)
[✓] VS Code (version 1.52.1)
[✓] Connected device (1 available)

! Doctor found issues in 1 category.

● 以下のコマンドを実行し、「y」を押して同意していくと問題が解決します。

% flutter doctor --android-licenses 

もし以下のようなエラーが出た場合

$ flutter doctor --android-licenses
Exception in thread "main" java.lang.NoClassDefFoundError: javax/xml/bind/annotation/XmlSchema
    at com.android.repository.api.SchemaModule$SchemaModuleVersion.(SchemaModule.java:156)
    at com.android.repository.api.SchemaModule.(SchemaModule.java:75)
    at com.android.sdklib.repository.AndroidSdkHandler.(AndroidSdkHandler.java:81)
    at com.android.sdklib.tool.sdkmanager.SdkManagerCli.main(SdkManagerCli.java:73)
    at com.android.sdklib.tool.sdkmanager.SdkManagerCli.main(SdkManagerCli.java:48)
Caused by: java.lang.ClassNotFoundException: javax.xml.bind.annotation.XmlSchema
    at java.base/jdk.internal.loader.BuiltinClassLoader.loadClass(BuiltinClassLoader.java:581)
    at java.base/jdk.internal.loader.ClassLoaders$AppClassLoader.loadClass(ClassLoaders.java:178)
    at java.base/java.lang.ClassLoader.loadClass(ClassLoader.java:522)
    ... 5 more

Android Studio configure > SDK Manager > SDK Tools を開き

Android SDK Command-line Tools(latest)にチェック
Hide Obsolete Packagesのチェックを外す
Android SDK Tools(Obsolete)

して「OK」ボタンを押して「flutter doctor –android-licenses」を実行しなおします。

% flutter doctor                   
Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[✓] Flutter (Channel beta, 1.25.0-8.2.pre, on macOS 11.1 20C69 darwin-arm,
    locale ja-JP)
[✓] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 30.0.3)
[✓] Xcode - develop for iOS and macOS (Xcode 12.3)
[✓] Android Studio (version 4.1)
[✓] VS Code (version 1.52.1)
[✓] Connected device (1 available)

• No issues found!

● Android StudioのFlutterプロジェクト作成画面で「Flutter SDK Path」に「flutterディレクトリを配置している絶対パス/flutter/bin」を指定してやります。

【Flutter】ライセンス承認できていない場合の対処
Flutterでビルドした時のエラーメッセージ「Some Android licenses not accepted」の対策方法について紹介します。
【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
Flutterによるアプリ開発について入門者向けに紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました