【GAS入門】トリガーを設定してプログラムを自動的に実行する方法

GAS(Google Apps Script)でトリガー機能を用いて時間や間隔等を指定してプログラムを自動的に実行する方法についてまとめました。

【トリガー機能】プログラムをタイミングを指定したり定期間隔で実行

GASのトリガー機能は、プログラムを自動的に動かすタイミングを設定できる機能です。

● スクリプトエディタの「編集」→「現在のプロジェクトのトリガー」をクリックします。

● 「トリガー」→「トリガーを追加」をクリックし、実行させるタイミングを設定して「保存」をクリックします。
(下画面は1分おきに実行させる設定例)

● トリガー一覧に先程設定したトリガーが登録されます。編集ボタンを押すとトリガーの実行数など詳細を閲覧したり削除したりできます。

【GAS入門】作業を自動化する活用術をサンプルコード付きで解説
GAS(Google Apps Script)で作業を自動化して時短に活用したり、生活の質を向上させる方法についてまとめました。

コメント