【Kotlin】条件分岐(if文)

このページでは、Kotlinで条件分岐(if文)を使う方法とソースコードついて解説します。

条件分岐(if文)

if文は、条件によって処理を分岐させるのための機能です。
Kotlinのif文は次のように記述して使います。

if (条件式){
 文
}

※文が1行の場合は括弧{ }を省略可能

指定した条件式が真(成立している)場合に文を実行します。
尚、条件式は比較演算子(関係演算子)を使って記述します。
【Kotlin】比較演算子・関係演算子

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

import java.util.*
 
fun main(args: Array) {
  // 変数の宣言・初期化
  var x = 10

  if(x==10){
    println("xは10です。")
  }
  return 0;
}

実行結果

実行結果は下記の通りです。

xは10です。

xの中身は10なので、条件式「x==’10’」が真となり、if文の中身の処理(println)が実行されます。

関連記事

【Kotlin入門】基本文法とサンプル集

シェア&フォローお願いします!