【Linux】atコマンドで指定した時間に1回だけタスクを実行

Linuxのcronの読み・書き方・設定方法についてまとめました。

スポンサーリンク

atコマンドで指定した時間に1回だけタスクを実行

atコマンドは、指定した時間に1回だけタスクを実行します。
atコマンドを利用するには「at RPM パッケージ」をインストールし、atd サービスを稼働させます。

書式

at [オプション] [time]

オプション 概要
-f file ファイルで実行するジョブを指定
 -l 実行待ちのジョブを表示
-dジョブ 予約中のジョブをジョブ番号で指定して削除
-m ジョブ終了をユーザにメールで通知

atコマンドにtimeオプションを付けて実行すると、「at> プロンプト」が表示されます。
実行するコマンドを入力して、Enterを押した後、Ctrl+D を押します。

time 概要
HH:MM 「04:00」は「午前 4:00 時」というように指定。
midnight 午前 0:00 時を指定。
noon 午後 0:00 時を指定。
teatime 午後 4:00 時を指定。
month-name day year 「Month 1 2024」は「2024 年4月1日」というように指定。 yearは省略可能。
MMDDYY、MM/DD/YY、MM.DD.YY 「040124」は「2024年4月1日」となりますというように指定。
now + time time は、分、時、日、週のいずれかを指定。「now + 7days」は、現在から1週間後(7日後)の同じ時刻にタスクを実行。

「atq」コマンドを実行すると、1行あたり1 ジョブが記述された保留中ジョブの一覧が表示されます。
「ジョブ番号」「日付」「時間」「ジョブクラス」「ユーザー名」の形式で記述されています。
root ユーザーは、ユーザーの全てのジョブが表示されますが、一般ユーザーは自身ののジョブのみです。

at サービスを起動するには 「/sbin/service atd start」コマンド、停止するには「/sbin/service atd stop」のコマンドを使用します。このサービスは、ブート時に起動するのが一般的です。

スポンサーリンク

関連記事

【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
Linux
スポンサーリンク

コメント