【Linux】環境変数の設定&プログラム実行(env コマンド)

Linuxで環境変数の設定&プログラムを実行(env コマンド)する方法についてまとめました。

スポンサーリンク

環境変数の設定&プログラム実行(env コマンド)

env コマンドは、環境変数を設定してプログラムを実行します。
つまり、あるプログラムを実行するときだけ一時的に環境変数を設定できます。

env [オプション] [変数名=値] [コマンド [引数]…]

オプション 概要
 -i 環境が空の状態でコマンドを実行
 -0 環境変数の一覧出力時、改行は入れない
 -u 変数名 指定した環境変数を一時的に削除して実行
スポンサーリンク

【例】dateコマンドを英語表記で実行

以下のコマンドを実行すると、環境変数LANGにC(英語)を設定してからdateコマンドが実行されるため、英語表記の日付が表示されます。

$ env LANG=C date
Thu Dec  7 14:56:43 JST 2023d

上記実行後、以下のように普通にdateコマンドを実行すると日本語表示に戻ります。

$ date
2023年 12月 7日 木曜日 14時56分52秒 JST
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント