【M5Stack】M1 Mac + macOS Big Surでプログラムを書き込む方法

M1 Mac + macOS Big Sur + Arduino IDEでM5Stackにプログラムを書き込む方法について紹介します。

【M5Stack】M1 Mac + macOS Big Sur + Arduino IDE環境で書き込む方法

M1 Mac + macOS Big Sur + Arduino IDEの環境では、2021年1月時点ではそのまま書き込もうとするとエラーが発生します。
以下の追加作業を行うことでM5Stackにプログラムを書き込むことができるようになります。

● 以下のPythonファイルをエディタで開きます。

~/Library/Arduino15/packages/esp8266/hardware/esp8266/2.7.4/tools/pyserial/serial/tools/list_ports_osx.py 

● 29、30行目にある羽化の2行の先頭に「#」を足してコメントアウトします(無効化)。

# iokit = ctypes.cdll.LoadLibrary(ctypes.util.find_library('IOKit'))
# cf = ctypes.cdll.LoadLibrary(ctypes.util.find_library('CoreFoundation')) 

● コメントアウトした2行の直後(31行目)に以下の2行を追記して保存します。

iokit = ctypes.cdll.LoadLibrary('/System/Library/Frameworks/IOKit.framework/IOKit')
cf = ctypes.cdll.LoadLibrary('/System/Library/Frameworks/CoreFoundation.framework/CoreFoundation') 
【M5Stack入門】できること・使い方
M5Stackできること・使い方について入門者向けに紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました