【M5Stack】アナログ入力で簡易電圧計(センサ)を作る

M5Stackのアナログ入力で簡易電圧計を作る方法について紹介します。

【基本】アナログ入力で電圧値を取得

M5StackのBasicとGrayには, アナログ入力ピン(35, 36番)があります.
これらを使って, 2つの入力値から電圧を取得し画面に表示させてみます.
注意点としては, 直接測定できる電圧は3.3Vまでで, これ以上の電圧を入力すると破損する恐れがあります.
3.3より大きい電圧を測定したい場合は, 次節で紹介する分圧抵抗を使います.

■サンプルコード


【応用】分圧器を使って高電圧を測定

3.3より大きい電圧を測定したい場合は, 次節で紹介する分圧抵抗を使います.

【M5Stack】ボタン処理の使い方とサンプルプログラム
M5Stackのボタン処理の使い方とサンプルプログラムについて紹介します。

実行結果

■サンプルコード


【M5Stack入門】できること・使い方
M5Stackできること・使い方について入門者向けに紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました