【M1 Mac】ImageMagickでJPGとPNGをコマンドで一括変換

M1 MacにImageMagickをインストールしてJPGとPNGをコマンドで一括変換する方法についてまとめました。

【1】ImageMagickのインストール・基本操作

● ターミナルで以下のコマンドを実行してImageMagickのインストールを行います。

brew install imagemagick

● cdコマンドで画像ファイルを格納されている場所へカレントディレクトリを移動します。

cd 画像ファイルがあるディレクトリパス

● 【png → jpg】 以下のコマンドで、カレントディレクトリ内のpngファイルを一括でjpgファイルに変換します。

for f in ./*.png; do convert -quality 100 "$f" "${f%.png}.jpg"; done 

【ポイント】
convertコマンド・・・pngをjpgに変換
“(ダブルクォート)・・・パス名の空白などに対応するため(空白が区切りだと認識されないため)
${f%.png}.jpg・・・${f}の末尾から.pngに最短一致する部分を取り除く
-quality 100・・・画像の品質を100%(品質を上げるほど画質の劣化は抑えられますが、圧縮率は低下します)

● 【jpg → png】 以下のコマンドで、カレントディレクトリ内のjpgファイルを一括でpngファイルに変換します。

for f in ./*.jpg; do convert "$f" "${f%.png}.png"; done 
【Mac入門】基本設定、使い方、カスタマイズ術
macOSの基本設定、使い方、カスタマイズ術について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました