【Mac Mini】Python3のインストール方法

Mac Mini(2018)にPython3をインストールする方法について紹介します。

【準備1】Xcodeのインストール

MacにはデフォルトでPython環境がインストールされています。
しかし、システムの安全性や利便性等を考えると「homebrew」「pyenv」「virtualenv」を用いた仮想環境上でPython3をインストールし利用することをおすすめします。

①まず、App StoreからXcodeをインストールします。

関連記事
1 【Mac Mini】Xcodeのインストール手順

② ターミナルからXCodeのCommand Line Toolsをインストールします。

$ xcode-select --install 

【準備2】Homebrewのインストール

Homebrewは、「Apple が用意していないあなたの必要なものをインストール」するためのツールです。

①「公式サイト」に掲載されているインストール用のコマンドをコピーし、ターミナルで実行します。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

※「Installation successful!」と表示されたら成功

②正常にHomebrewをインストールできたか確認する

$ brew doctor

【準備3】pyenvのインストール

pyenvは、Pythonのバージョンを切り替えるためのツールです。

export PYENV_ROOT=/usr/local/var/pyenv
if which pyenv > /dev/null; then eval "$(pyenv init -)"; fi 

② pyenvをインストールします。

$ brew install pyenv 
関連記事
1 【Node.js入門】サンプル集と使い方まとめ
2 【Cordova入門】Android向けハイブリッドアプリの開発
3 【Ionic入門】Android・iOS・Windowsアプリ開発編
関連記事