【Mac】Pythonのインストール方法

MacにPython3をインストールする方法について紹介します。

【はじめに】Mac環境でのPython環境構築

Mac環境でのPython環境構築はいくつか方法があります。
最も手軽なのは標準搭載されているPython2を使用する方法ですが、最近のPythonはバージョン3が主流なため、しっかりPythonプログラミングを学びたい方はPython3を追加でインストールする方法がおすすめです。
本ページではそれぞれの方法について紹介します。

動画解説版

【方法①】標準搭載されているPython2を使用

Macでは、デフォルトでPython2系がインストールされています。
ちょっとしたPythonプログラミングの勉強などを行う場合はこれで十分です。

① 適当なテキストエディタで、以下の内容を記述したPythonファイル(test.py)を保存します。
■test.py

print "hello world" 

② ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

$ python [Pythonファイルのパス]/test.py

※例えばダウンロードフォルダにtest.pyを保存した場合は「$ python /Users/ユーザー名/Downloads/test.py」となります。
パスを入力するのがめんどくさい場合は、pythonファイルをターミナルにドラッグ&ドロップするとパスが自動的に表示されます。

③ 実行して「hello world」と表示されたら無事にpythonファイルを実行できていることになります。

なお、標準でインストールされているPythonのバージョンは下記コマンドで確認できます。

$ python --version

python 2.7.10 

【方法②】Python3をインストールして使用(初心者向け)

Pythonのバージョンは現在は3が主流です。
そのため、しっかりPythonを学んで使いたい場合は、Python.org(公式)よりPython3をインストールすることをおすすめします。

① 以下のURLを開き、最新バージョンの[Download]をクリックしてdmgファイルをダウンロードします。
https://www.python.org/downloads/

② ダウンロードしたdmgファイルを実行し、Pythonをインストールします。

③ 適当なテキストエディタで、以下の内容を記述したPythonファイル(test.py)を保存します。
■test.py

print("hello world") 

④ ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

$ python [Pythonファイルのパス]/test.py

※例えばダウンロードフォルダにtest.pyを保存した場合は「$ python /Users/ユーザー名/Downloads/test.py」となります。
パスを入力するのがめんどくさい場合は、pythonファイルをターミナルにドラッグ&ドロップするとパスが自動的に表示されます。

⑤ 実行して「hello world」と表示されたら無事にpythonファイルを実行できていることになります。

なお、標準でインストールされているPythonのバージョンは下記コマンドで確認できます。

標準でインストールされているPythonのバージョンは下記コマンドで確認できます。

$ python --version

python 3.6.4 

【方法③】Google Colab(オンラインサービス)を使う(初心者向け)

上の手段がうまくいかない、外部ライブラリの構築がめんどくさい、重い処理を走らせてマシンスペックが足りない場合などは、Google Colabという無料のクラウドサービスでサクッと環境構築する方法もあります。

下記事や動画を参考に是非お試しください。

詳細記事
1 【Google Colab】たったの1分でPython版OpenCVの環境構築【インストール不要】

【方法④】Homebrewを使用したインストール方法(中級者以上向け)

プログラミングに慣れている人は、Homebrewなどのパッケージ管理システムを使用して複数のバージョンを扱っています。
もし、複数のPythonのバージョンを管理したい場合は以下のような導入手順となります。

Xcodeの導入

MacにはデフォルトでPython環境がインストールされています。
しかし、システムの安全性や利便性等を考えると「homebrew」「pyenv」「virtualenv」を用いた仮想環境上でPython3をインストールし利用することをおすすめします。

①まず、App StoreからXcodeをインストールします。

関連記事
1 【Mac Mini】Xcodeのインストール手順

② ターミナルからXCodeのCommand Line Toolsをインストールします。

$ xcode-select --install 

Homebrewの導入

Homebrewは、「Apple が用意していないあなたの必要なものをインストール」するためのツールです。

①「公式サイト」に掲載されているインストール用のコマンドをコピーし、ターミナルで実行します。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

※「Installation successful!」と表示されたら成功

②正常にHomebrewをインストールできたか確認する

$ brew doctor

pyenvの導入

pyenvは、Pythonのバージョンを切り替えるためのツールです。

export PYENV_ROOT=/usr/local/var/pyenv
if which pyenv > /dev/null; then eval "$(pyenv init -)"; fi 

② pyenvをインストールします。

$ brew install pyenv 
関連記事
1 【Node.js入門】サンプル集と使い方まとめ
2 【Cordova入門】Android向けハイブリッドアプリの開発
3 【Ionic入門】Android・iOS・Windowsアプリ開発編
Mac
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました