【Scikit-learn】サポートベクターマシンの学習モデルを出力・保存

この記事では、Pythonと機械学習ライブラリ「scikit-learn」を用いて、サポートベクタマシン(SVM)による教師あり学習を行う方法について紹介します。

サポートベクターマシンとは

サポートベクターマシン(略称:SVM)は、教師あり学習モデルの1つです。
2クラスのパターン識別器としては非常に強力なモデルで、データの分類や回帰などで大きな効果を発揮しています。

【SVMの詳細】
サポートベクターマシンの原理

今回はデータセットを読み込んで生成した学習モデルを外部ファイルに出力し保存してみました。

ソースコード

サンプルプログラムを下記に示します。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。
【学習ファイル】
svm.learn

関連記事

Scikit-learnの導入方法や、その他の使い方については下記事で解説しています。
Scikit-learnをインストールする方法
Scikit-learn入門・使い方
機械学習のアルゴリズム入門