【IPアドレス】CIDR表記で範囲指定(192.168.100.xxx/24など)

IPアドレスをCIDR表記で範囲指定する方法について解説します。

【CIDR表記とは】「IPアドレス」と「サブネットマスク」の書き方

CIDR表記とは、IPアドレスの範囲(複数のIPアドレス)を1行で記述できる方法です。
「IPアドレス」と「サブネットマスク」を以下のように一緒に記述しす。

書式

<IPアドレス>/<サブネットマスクの1の個数>

計算例① 192.168.100.0/24

① 「192.168.100.0/24」の場合、サブネットマスクは「255.255.255.0」

② IPアドレスとサブネットマスクは
IPアドレス:11000000.10101000.01100100.00000000
サブネット:11111111.11111111.11111111.00000000

③ IPアドレスのホスト部の範囲は「11000000.10101000.01100100.00000000 ~ 11000000.10101000.01100100.11111111」

⑩ 10進数に直すと 「192.168.100.0 ~ 192.168.100.255
(※末尾0、255はネットワークアドレス、ブロードキャストアドレスなのでホストに割当できるのは末尾1~254)

計算例② 192.168.100.2/32

① 「192.168.100.2/32」の場合、サブネットマスクは「255.255.255.255」

②IPアドレスとサブネットマスクは
IPアドレス:11000000.10101000.01100100.00000010
サブネット:11111111.11111111.11111111.11111111

③ IPアドレスのホスト部の範囲は「11000000.10101000.01100100.00000010 ~ 11000000.10101000.01100100.00000010」

⑩ 10進数に直すと「192.168.100.2 ~ 192.168.100.2

計算例③ 192.168.100.6/31

① 「192.168.100.6/31」の場合、サブネットマスクは「255.255.255.254」

② IPアドレスとサブネットマスクは
IPアドレス:11000000.10101000.01100100.00000110
サブネット:11111111.11111111.11111111.11111110

③ IPアドレスのホスト部の範囲はIPアドレスのホスト部の範囲は「11000000.10101000.01100100.00000110 ~ 11000000.10101000.01100100.00000111」

⑩ 10進数に直すと「192.168.100.6 – 192.168.100.7

計算例④ 192.168.64.0/23

① 「192.168.64.0/23」の場合、サブネットマスクは「255.255.254.0」

② IPアドレスとサブネットマスクは
IPアドレス:11000000.10101000.00100000.00000000
サブネット:11111111.11111111.11111110.00000000

③ IPアドレスのホスト部の範囲はIPアドレスのホスト部の範囲は「11000000.10101000.00100000.00000000 ~ 11000000.10101000.00100001.11111111」

⑩ 10進数に直すと「192.168.64.0 – 192.168.65.255

計算例⑤ 192.168.64.0/24

① 「192.168.64.0/24」の場合、サブネットマスクは「255.255.255.0」

② IPアドレスとサブネットマスクは
IPアドレス:11000000.10101000.00100000.00000000
サブネット:11111111.11111111.11111111.00000000

③ IPアドレスのホスト部の範囲はIPアドレスのホスト部の範囲は「11000000.10101000.00100000.00000000 ~ 11000000.10101000.00100000.11111111」

⑩ 10進数に直すと「192.168.64.0 – 192.168.64.255

おすすめ記事
1 【ネットワーク】通信プロトコル
2 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
ネットワーク
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました