【2進数】上位・下位ビットとは(MSBとLSBの違い)

2進数表現における上位・下位ビットとは?MSBとLSBの違いについて解説します。

【2進数】上位・下位ビットとは

2進数表現における「上位ビット」とは、「位が上」のビットの事を指します。
逆に「位が下のビットを「下位ビット」といいます。

←上位     下位→
1000 0110 1101 0110

例えば上記の場合、上位4ビットというと「1000」を指します。
また、「上位ビット」と「下位ビット」はそれぞれ「MSB」と「LSB」と呼ばれることもあります。

用語 意味
MSB Most Significant Bit(上位ビット)
LSB Least Significant Bit(下位ビット)
おすすめ記事
1 【ネットワーク】通信プロトコル
2 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
ネットワーク
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました