【ネットワーク方式】ネットワークの種類と特徴、インターネット技術など

ネットワーク方式(ネットワークの種類と特徴、インターネット技術など)について解説します。

【ネットワークの種類と特徴】WAN/LAN、有線・無線、センサネットワーク

【インターネット技術】

技術用語 概要
DHCP Dynamic Host Configuration Protocolの略で、TCP/IPネットワークで、ネットワークに接続する端末へのIPアドレスの割り当てをアドレスプールから自動的に行うプロトコルです。
DNS Domain Name Systemの略で、ドメイン名をIPアドレスに変換できる仕組みです。変換することを名前解決といいます。
NAPT プライベートIPアドレスに接続されている複数の端末が、1つのグローバルIPアドレスを使ってインターネットに接続する仕組みです。
RADIUS Remote Authentication Dial In User Serviceの略で、「認証情報。手続き」「利用ログの記録」を1つのサーバで管理できるプロトコルです。
Auto IP ネットワーク接続された端末にプライベートIPアドレスを自動的に割当てる機能です(APIPAとも呼ばれます)。DHCPと違ってIPアドレスの割当てにルーターや別のサーバーが必要ありません。Auto IPが割り当てるIPアドレスは、「169.254.xxx.xxx」 となります。Auto IPをONにした端末は、DHCPサーバーからIPアドレスを取得できない場合にAuto IPが機能します。
MDM 企業・団体が、自組織の従業員に支給する複数の端末(スマートフォン、タブレットなど)を遠隔から一元管理する仕組み(Mobile Device Management:携帯端末管理)。
VoIP 音声を各種符号化方式で圧縮しパケットに変換した上でIPネットワークでリアルタイム伝送する技術。IPネットワーク上でスマートフォンなどで通話するのに利用されます。
LTE 第三世代携帯電話(3G)を拡張した携帯電話用の通信規格(Long Term Evolution)。よく勘違いされるが4Gとは異なる。下り最大100Mbps以上、上り最大50Mbps以上の高速通信が可能。

【回線に関する計算】

【パケット交換網】

【QoS】

【RADIUS】

RADIUS(Remote Authentication Dial In User Service)とは、「認証情報・手続き」「利用ログの記録」を1つのサーバで管理できるプロトコルです。

おすすめ記事
1 【ネットワーク】通信プロトコル
2 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
関連記事