ONU(光回線終端装置)とは

この記事では、ネットワーク機器の「ONU(光回線終端装置)」について解説します。

ONU(光回線終端装置)の概要

ONU(光回線終端装置)とは、光通信ネットワークの終端に設置される装置です。
光信号とデジタル信号(電気信号)の相互変換を行っています。
(その他にも、光信号の多重・分離も行っている)
onu

ONUの使い方・パソコンとの関係

コンピュータ(パソコン)を光回線に接続する場合に必要な装置がONU(光回線終端装置)です。
コンピュータから送られてくるデータはデジタル信号(電気信号)です。
これを光回線に転送する場合、送られてきたデジタル信号を光信号へ変換する必要があります。
逆に、光回線から送られてきた光信号をパソコンへ転送するには、デジタル信号へ変する必要があります。
それを実現する装置がONUなのです。

モデムの意味

ONUは、Optical Network Unitの略です。

SLT・OLT

光回線の場合、加入者側の光回線終端装置を「ONU」、事業者側は「SLT(Subscriber Line Terminal)」や「OLT(Optical Line Terminal)」と呼びます。
つまり、ONUはSLT(OLT)と対になっています。

【おすすめ記事】
【ネットワーク】通信機器の種類・機能まとめ

シェア&フォローお願いします!