オービスとNシステムの違い

この記事では、見た目がそっくりなオービスとNシステムの違いについて解説します。

オービスとは

オービスは、道路を走る車の速度違反を自動的に取り締まる装置です。
交通量の多い道路や、高速道路などに設置されています。
制限速度を大幅に超えて走行している車両の速度とナンバープレートを特殊なカメラとセンサで記録しています。
(オービスが光るのは、速度違反している車をカメラで撮影する時のフラッシュです)
【詳細記事】
オービスとは?種類・特徴・速度計算・Hシステムなど解説

Nシステムとは

Nシステムとは、「自動車ナンバー自動読取装置」の略で走行中の車両のナンバープレートを自動的に読み取りって犯人の乗る逃走車(手配車両)を発券するシステムです。
オービスと違って、Nシステムは通過した車両全てのナンバープレートを自動記録します。
そして、手配車両リストと照会し、手配車両と判明すると同時に車種・所有者・メーカーなどの情報を割り出して関係部署へ送信されます。

まとめ

オービスは、車の速度違反を取り締まっています。
Nシステムは、逃走車両の発見といった犯罪捜査に使われています。

シェア&フォローお願いします!