PoEとは?(機能・種類)

この記事では、PoEの機能について解説します。

PoEとは?機能

PoE(Power over Etherne)とは、Ethernetの通信ケーブル(LANケーブル)を利用して通信機器などに電力を供給する技術です。
LANケーブルだけで電力を供給できるため、通信機器に電源アダプタやケーブルを繋ぐ必要がなくなります。

PoEの種類

PoEの種類は、2003年に標準化されたIEEE 802.3afと2009年に標準化された802.3atがあります。
802.3atはPoE+(プラス)などと呼ばれることもあります。

802.3at(PoE+)の機能

802.3atでは、カテゴリ5E以上のLANケーブルを使って、送電側(スイッチなど)で最高で57V/30Wの電力を送信できます。
また、受電側ではその内の25.5Wが使用できます。
また、通信・電力でピンを共用するType Aと、通常は通信に使わないピンを電力用に使用するType Bがあり、送電側では両方あるいはどちらか一方を、受電側は両方に対応する必要があります。

おすすめ記事

【ネットワーク】通信機器の種類・機能まとめ

シェア&フォローお願いします!