ルーター・モデム・ONUの違いと関係

この記事では、ネットワーク機器「ルーター」「モデム」「ONU」のそれぞれの違いと関係性について解説します。

モデムとは

モデムとは、コンピュータをアナログ電話回線(ADSLなど)に接続するための装置です。
モデム内では、デジタル信号とアナログ信号の相互変換を行っています。
modem

モデムの使い方・パソコンとの関係

コンピュータから送られてくるデータはデジタル信号です。
これをアナログ回線(ADSLなどの電話回線)に転送する場合、送られてきたデジタル信号をアナログ信号へ変換する必要があります。
逆に、アナログ回線から送られてきたアナログ信号をパソコンへ転送するには、デジタル信号へ変する必要があります。
それを実現する装置がモデムなのです。

【モデムの詳細解説】
モデムとは

ONU(光回線終端装置)の概要

ONU(光回線終端装置)とは、光通信ネットワークの終端に設置される装置です。
光信号とデジタル信号(電気信号)の相互変換を行っています。
(その他にも、光信号の多重・分離も行っている)
onu

ONUの使い方・パソコンとの関係

コンピュータ(パソコン)を光回線に接続する場合に必要な装置がONU(光回線終端装置)です。
コンピュータから送られてくるデータはデジタル信号(電気信号)です。
これを光回線に転送する場合、送られてきたデジタル信号を光信号へ変換する必要があります。
逆に、光回線から送られてきた光信号をパソコンへ転送するには、デジタル信号へ変する必要があります。
それを実現する装置がONUなのです。(要はモデムの光信号版)

【ONUの詳細解説】
ONU(光回線終端装置とは

ルーターとは

ルーター(router)とは、ネットワークにおいて、コンピュータ等から送られたデータを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する装置です。
つまり、ルーターを接続すると複数のコンピュータが同時にネットと接続することができ、N対Nの通信ができます。
(モデムはONUや1対1でしか通信できない)
また、ルーターに接続されている端末同士も通信できるようになります。
router

【ルーターの詳細解説】
ルーターとは

ルーター・モデム・ONUの関係

ルーターは、ルーティング機能により複数の端末からの通信を制御しています。
ONUやADSLなどの回線終端装置とルーターの2つを用いることで、複数の端末をインターネットに接続できます。
kankei

【おすすめ記事】
【ネットワーク】通信機器の種類・機能まとめ

シェア&フォローお願いします!