ターミナルアダプタ・モデム・ルータの違い

この記事では、通信機器「ターミナルアダプタ」「モデム」「ルータ」の違いについて解説します。

## ターミナルアダプタ・モデム・ルータ
「ターミナルアダプタ」「モデム」「ルータ」は、それぞれ使用する通信回線の種類が異なります。

ターミナルアダプタとは
ターミナルアダプタ(Terminal Adapter)とは、コンピュータ、電話機、FAX等の通信機器をISDN回線に接続するための信号変換機器です。

ターミナルアダプタ(TA)の機能

モデムとは
モデム(Modulator Demodulator)とは、コンピュータをアナログ電話回線(ADSLなど)に接続するための装置です。
モデム内では、デジタル信号とアナログ信号の相互変換を行っています。

モデムの機能

ルータとは
ルーター(router)とは、ネットワークにおいて、コンピュータ等から送られたデータを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する装置です。
つまり、ルーターを接続すると複数のコンピュータが同時にネットと接続することができ、N対Nの通信ができます。
(モデムはONUや1対1でしか通信できない)
また、ルーターに接続されている端末同士も通信できるようになります。

ルータの機能

【おすすめ記事】
【ネットワーク】通信機器の種類・機能まとめ

ネットワーク
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました