ターミナルアダプタ(TA)の機能

この記事では、通信機器「ターミナルアダプタ(TA)」の基本的な機能について解説します。

## ターミナルアダプタとは

ターミナルアダプタとは、ISDN回線の終端に接続する装置です。
コンピュータや電話機、FAX等をISDN回線に接続できるようします。

ターミナルアダプタの機能
1 アナログ電話回線用の機器を接続するポート(コネクタ)
2 パソコンなどを接続してデータ通信を行なうポート
3 ISDN回線で通信する機能(各ポートから送られてくる信号をISDN回線で使える信号に変換)

また、EthernetポートなどでLANに接続し、同じネットワークに繋がれたコンピュータをISDN回線を通じて通信できる機能を持った機種もあります。
そのような機種は、ISDNルータ(ISDN router)と呼ばれます。

## DSU内蔵型のターミナルアダプタ

ISDN回線とターミナルアダプタの間にはDSUという機器がありますが、DSUの機能が内蔵されたターミナルアダプタがあります。
現在はそのようなターミナルアダプタが主流となっています。
(ISDN対応の通信機器がほとんど普及しなかっため)

おすすめ記事
1 【ネットワーク】データ通信と制御
2 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験

コメント

タイトルとURLをコピーしました