【C言語】型の変換(キャスト)

スポンサーリンク

この記事では、C言語で型の変換(キャスト)について解説します。

スポンサーリンク

型の変換(キャスト)

キャストとは、一時的に変数の型を変換することです。

例えば、整数同士の割り算を行った場合、計算結果の小数点以下が切り捨てられます。
これを浮動小数点型(double、float)の変数に代入しても切り捨てられたままとなり、小数点以下が0の小数となってしまいます。
このような場合に「キャスト」を用いることで問題を解決することができます。

【書式】
変数2 = (型名) 変数1

上記は、変数1を指定した型名に一時的に変換し変数2へ格納します。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

実行結果は下記の通りです。

1.666667

変数xとyは整数型(int型)で宣言してるので、本来なら小数点以下は切り捨てられますが、
(double)で一時的にdouble型に変換してから割り算を行っているため、計算結果zは1.666667となり、小数点以下も正しく計算できています。

【関連記事】
C言語入門(サンプルプログラム集)

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!