【C言語】NULLポインタ

この記事では、C言語で配列のポインタの加減算(増減)を行う方法について紹介します。

NULLポインタとは

NULL(ヌル)ポインタとは、アドレスを示していないポインタ型変数のことです。
配列の終端や、処理が失敗したことを示す場合などに使用されます。

C言語では、ポインタ型変数に0を代入すると「NULL」の状態になります。

【例1】
int *ps = 0; // 初期化の段階でNULLにする場合

【例2】
int *ps;
ps = 0; // 代入の段階でNULLにする場合

【関連記事】
C言語入門 (サンプルプログラム集)

関連記事