【C#】増分・減分演算子

このページでは、C#の増分・減分演算子について解説します。

## 増分・減分演算子とは

増分・減分演算子を使うことで、簡単な書き方で四則演算を実行できます。
for文などループ回数をカウントする際によく使われます。

## 増分・減分演算子

C#で使える増分・減分演算子は下記の通りです。

 種類   書式  例  実行結果 
 後置増分   i++  j=i++  iをjに代入した後、iを1増やす 
 後置減分   i–  j=i–  iをjに代入した後、iを1減らす 
 前置増分   ++i  j=++i  iを1増やした後、jに代入 
 前置減分   –i  j=–i  iを1減らした後、jに代入 
using System;

namespace Test {
    class Program {
        static void Main () {

            // 変数の宣言・初期化
            int i = 10;
            int j = 0;

            // iをjに代入した後、iを1増やす
            i = 10;
            j = 0;
            j = i++; 
            Console.WriteLine (i); // 11
            Console.WriteLine (j); // 10

            // iをjに代入した後、iを1減らす
            i = 10;
            j = 0;
            j = i--; 
            Console.WriteLine (i); // 9
            Console.WriteLine (j); // 10

            // iを1増やした後、jに代入 
            i = 10;
            j = 0;
            j = ++i; 
            Console.WriteLine (i); // 11
            Console.WriteLine (j); // 11

            // iを1減らした後、jに代入
            i = 10;
            j = 0;
            j = --i; 
            Console.WriteLine (i); // 9
            Console.WriteLine (j); // 9
        }
    }
}
C#
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました