【C#】文字型の変数の使い方【String】

C#言語で文字型の変数の種類や違いについてソースコード付きで解説します。

## 【文字列処理】文字型の種類

文字型の変数の種類や違いをまとめると以下の通りです。

型の種類 内容
char 16bit Unicode
string 文字列(UTF-16)

string型は、文字列を扱える変数です。
次のように文字列をダブルクオーテーションで囲んで代入します。

string var = "たーのし!"; 

文字列オブジェクト「たーのし!」がメモリ領域上に確保されます。
変数varには、その参照が格納されます。

一方、char型では、1文字をシングルクォートで囲みます。

char var = 'x'; 

char型の場合は、変数varがメモリ領域上に確保されます。
そして、文字「a」のUnicodeが変数varに直接格納されます。

## 【文字列処理】文字列の連結

C#では、算術演算子「+」を使って複数の文字列を連結できます。

【書式】

文字列 = 文字列1 + 文字列2 

【C#】文字列の連結
この記事では、C#で文字列を連結(結合・繋げる)する方法についてソースコード付きで紹介します。

## 【文字列処理】文字列の分割

C#では、Splitメソッド+を使って文字列を分割して配列に変換できます。

【書式】

文字列.Split('区切り文字'); 

返り値:配列

【C#】文字列の分割
この記事では、C#で文字列を区切り文字で分割して配列に変換する方法についてソースコード付きで紹介します。

## 【文字列処理】文字列を数値に変換

C#では、Parseメソッドを使って文字列を数値に変換に変換できます。

【書式①】int型の数値に変換する場合

int.Parse(文字列)
返り値:int型数値 

【書式①】double型の数値に変換する場合

double.Parse(文字列)
返り値:double型数値 

【C#】文字列を数値に変換
この記事では、C#で文字列を数値に変換する方法についてソースコード付きで紹介します。

## 【文字列処理】数値を文字列に変換

C#では、ToStringメソッドを使って数値を文字列に変換できます。

【書式】

数値.ToString()
返り値:文字列 

## 【文字列処理】文字列の部分抽出

C#では、SubStringメソッドを使って文字列の一部分を取り出せます。

【書式】

文字列.SubString(開始位置, 文字数)
返り値:開始位置~開始位置+文字数までの範囲にある文字列 

※文字数を省略すると、開始位置から終了位置まで取り出せます

【C#】文字列の部分抽出
この記事では、C#で文字列から一部を取り出す方法についてソースコード付きで紹介します。

## 【文字列処理】文字数のカウント

C#では、Lengthを使って文字列の文字数を取得できます。

【書式】

文字列.Length
返り値:文字数 

【C#】文字列の文字数
この記事では、C#で文字列の文字数を取得する方法についてソースコード付きで紹介します。
【C#入門】基礎文法とサンプル集
C#言語の基本文法・使い方をサンプルプログラムのソースコード付きで解説します。
C#
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました