【VBA/マクロ】セルの選択・アクティブ・クリア(消去)

ExcelのVBA(マクロ)で、セルの選択・アクティブについてまとめました。

セルの選択・アクティブ・クリア(消去)

VBA(マクロ)でセルの「選択」「アクティブ」「クリア(消去)」をするには次のメソッドを利用します。

メソッド 説明
オブジェクト.Select セルを選択状態にする
オブジェクト.Activate セルをアクティブ状態にする
オブジェクト.Clear セルをクリア状態にする(データを消去)

※「Rangeオブジェクト」、「Cellオブジェクト」などで対象セルを指定します。

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

Sub test()

    Range("A1").Select
    Range("A2").Activate
    Range("A3").Clear

End Sub

SelectとActivateの大まかな違いは以下のとおりです。

Selectメソッド

・複数のオブジェクト(セル・シート)を選択できる
・後で選択範囲を「Selection」のオブジェクトとして操作できる

Activeteメソッド

・「現在操作できる単一セル」を指定(Selectメソッドで複数範囲を選択した後、実際に処理したい単一オブジェクト(セル)を指定できる)
・現在操作したいオブジェクトに切り替えできる
・Workbookオブジェクトを指定したい場合はActivateメソッドしか使えない
・非表示のWorksheetオブジェクトを指定できる(非表示のセルはSelectメソッドでもActivateでも指定可能)

【VBA入門】Excelマクロで仕事・作業を自動化
VBA入(Excelマクロ)で様々な処理を自動化する方法をサンプルコード付きで入門者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました