【VBA/マクロ】比較演算子の使い方

ExcelのVBA(マクロ)の比較演算子についてまとめました。

比較演算子とは

比較演算子とは、その名の通り、演算子の左辺と右辺を比較して、「等しいかどうか」や「大小」の判定を行います。
そして、判定結果として真(true)か偽(false)の値を取ります。
比較演算子は関係演算子とも呼ばれています。

比較演算子リスト

VBA(マクロ)で使える比較演算子は下記の通りです。

演算子 意味 説明
< 小なり x < y なら xはyより小さい
<= 小なりイコール x <= y なら xはy以下
> 大なり x > yなら xはyより大きい
>= 大なりイコール x >= y なら xはy以上
= イコール x = y なら xとyは等しい
<> ノットイコール x <> y なら xとyは等しくない

※「イコール」「ノットイコール」は一般的なプログラミング言語とは記述が違うので注意

サンプルコード

Sub test()
    '変数を宣言
    Dim result As Boolean
    Dim x As Long
    Dim y As Long
    
    ' xとyに値を代入
    x = 10
    y = 20
    
    ' yがx以上かどうか(真:正しいならTrue、偽:正しくないならFalse)
    result = (x <= y)
  
    ' ダイアログに結果を表示(20は10以上で正しいのでTrueと表示される)
    MsgBox result

End Sub 
【VBA入門】Excelマクロで仕事・作業を自動化
VBA入(Excelマクロ)で様々な処理を自動化する方法をサンプルコード付きで入門者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました