【VBA/マクロ】フォントの大きさ・種類・太さ・下線などのスタイル

ExcelのVBA(マクロ)でフォントの大きさ・種類を変更する方法についてまとめました。

フォントの大きさ・種類・スタイル

VBA(マクロ)でフォントの「大きさ」「種類」を変えるには、「Font」プロパティを使用します。

書式

Range("A1").Font.Name = "MS Pゴシック"
プロパティ 説明
Font.Name フォントの種類(MS Pゴシックなど)
Font.Size フォントサイズ(16など)
Font.Bold 太字(Trueなら有り、Falseなら無し)
Font.Color 色(RGB(255, 0, 0)、RGB(0, 255, 0)、vbRed、vbblueなど)
Font.FontStyle 標準、太字、斜体、太字、斜体など
Font.OutlineFont フォントのアウトライン化(Trueなら有り、Falseなら無し)
Font.Italic 斜体(Trueなら有り、Falseなら無し)
Font.Underline 下線(Trueなら有り、Falseなら無し) 下線
Font.Strikethrough 取消線(Trueなら有り、Falseなら無し)
Font.Superscript 上付き文字(Trueなら有り、Falseなら無し)
Font.Subscript 下付き文字(Trueなら有り、Falseなら無し)

■参考:Rangeによるセル指定方法

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

Sub test()
    ' A1セルに値をセット
    Range("A1").Value = "イシュタル"
    
    ' A1セルの字体
    Range("A1").Font.Name = "MS Pゴシック"
    
    ' A1セルのフォントの種類
    Range("A1").Font.Size = 20

End Sub
関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門
Excel/VBA
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました