【VBA/マクロ】オブジェクト、プロパティ、メソッドとは

この記事では、ExcelのVBA(マクロ)のオブジェクト、プロパティ、メソッドについてまとめました。

オブジェクト、プロパティ、メソッドとは

オブジェクト、プロパティ、メソッドを簡単に整理すると以下の通りです。

言葉の意味
オブジェクト 操作をする対象(Excelのワークブック、ワークシート、セルなど)
プロパティ オブジェクト毎に設定された情報・属性(例:セルの「値」「背景色」「文字の大きさ」など)
メソッド オブジェクトに与える動作・処理(例:指定した範囲のセルの値の平均値を計算)

サンプルコード

Sub test()
      Worksheets("Sheet1").Range("A1").Value = "エクスカリバー"
End Sub

例えば上記のマクロの場合、「Worksheets(“Sheet1”)オブジェクト」の「Range(“A1”)オブジェクト」の「Valueプロパティ(値)」に文字列「エクスカリバー」を代入します。
このように、オブジェクト(操作対象)は上から階層をたどるように指定できます。

関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門
関連記事