【VBA/マクロ】While文の使い方(繰り返し処理)

ExcelのVBA(マクロ)で、While文の使い方 (条件式など)について紹介します。

While文とは

While文とは、同じ処理を繰り返しおこなう場合に使います。

書式

While 条件式
    処理
Wend
while文の処理
1 条件式が「真」ならば文を実行します。
2 文の処理が終わると、再び条件式が「真」かどうか調べます。
・真なら手順1に戻ります。
・偽なら反復を終了して次の処理へ進みます。
用語 説明
条件式 関係演算子論理演算子など、結果として論理値が得られる演算を記述します。
条件式を満たしている状態
条件式を満たしていない状態

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

Sub test()

    i = 1
    
    While i < 5
        MsgBox i
        i = i + 1
    Wend

End Sub

メッセージボックスに「1」「2」「3」「4」と表示されていきます。
iが5になったときに、While内の処理を実行せずに次に進みます。

-- 関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門
関連記事