【Google Play】アプリの公開方法

この記事では、Google Playに作成したアプリを公開する方法について紹介します。

アプリ公開に必要なもの

前回記事「署名付きAPKファイルの最適化」及び「デベロッパーのアカウント登録・作成」が終わればいよいよGoogle Playでアプリを公開できます。
今回その手順を紹介します。

APKファイルのアップロード

Google Play デベロッパーコンソールにログインします。

②「Google Playにアプリを追加」 ボタンをクリックします。

③「言語」「タイトル」を入力して「作成」ボタンをクリックします。

④ 「タイトル」「簡単な説明」「詳細な説明」 「画像および動画(スクショ)」「高解像度アイコン」「宣伝用画像」「アプリのタイプ」「カテゴリ」「コンテンツレーティング」「ウェブサイト」「メール」「プライバシー ポリシー」を入力します。

⑤左メニューから「APK」を選択します。

⑥「製品版に最初のAPKをアップロード」ボタンをクリックしてAPKファイルを選択し、アップロードします。
※「ベータ版」「アルファ版」でアップロードすると公開範囲を制限できます
※エラーが出た場合の対処法については下記事にまとめています。

関連記事
エラー対策はこちら 【Google Play】APKをアップロードしてエラーが出た場合の対策

APKファイルの公開

続いてアップロードが終わった後、いよいよ公開していきます。

①左メニューから「価格と販売/配布地域」を選択します。

②「アプリの価格の設定」で「有料」か「無料」を選択します。
※「有料」が選択できない場合は「今すぐ販売アカウントをセットアップする」をクリックして販売アカウントを登録します

③「CREATE A NEW MERCHANT ACCOUNT」のみが表示される場合、「配布する地域」などのチェックをしてから「今すぐ販売アカウントをセットアップする」を再度クリックします。

④必要事項を入力します。

⑤「同意」にチェックをいれます。

⑥「登録を完了する」ボタンをクリックします。

⑦「配布する地域」などをチェックをします。

⑧「保存」ボタンをクリックします。

⑨左メニューの「APK」「ストアの掲載情報」「価格と販売/配布地域」のチェックマークがすべて緑色になります。

⑩画面右上の「公開の準備完了」をクリックします。

⑪「このアプリを公開する」を選択します。

⑫アプリが公開されます。

関連記事
【Cordova入門】Android向けハイブリッドアプリ開発
Javascript入門 サンプル集
Java入門
Node.js入門

シェア&フォローお願いします!