【C#】変数の宣言・初期化・代入

スポンサーリンク

この記事では、C#言語で変数の宣言・初期化・代入する方法について解説します。

スポンサーリンク

変数の宣言

変数を使用する際は、宣言と初期化を行う必要があります。

【宣言の例】
int var;
char str;

varはint(整数)型の変数、strはchar(文字)型の変数を宣言しています。

変数の初期化

変数を宣言する際に、同時に初期値を与えることができます。
これを変数の初期化といいます。

【初期化の例】
int var = 2;
char str = ‘X’;

上記の例だと
varはint型の変数で初期値は5です。
strはchar型の変数で初期値は’X’です。

変数の代入

宣言した変数にデータを入れることを「代入」といいます。
代入を行うと初期化したときのデータは消えます。(上書きされる)

【代入の例】
var = 5;
str = ‘Y’;

varに整数値5、strに文字’Y’を代入しています。
ここで注意すべきは、「違う型の変数には代入できない」ということです。

【代入できない例】
var = ‘Y’;
str = 5;

例えば、int型の変数varにchar型のデータ’Y’を代入することはできません。
初期化と代入の意味の違いは以上です。

【関連記事】
C#入門 サンプル集

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!