【Java】do while文の使い方 (条件式など)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Javaのdo while文の使い方 (条件式・複数条件など)について紹介します。

do while文とは

do while文とは、同じ処理を繰り返しおこなう場合に使います。
while文は、始めに条件式が「真」か「偽」か調べてから文を実行します。
do while文では、始めに文を実行してから「真」か「偽」か調べます。

そのため、while文ははじめから「偽」だった場合は文を1度も実行しないまま反復処理を終了しますが、do while文ではそのようなことがありません。

【書式】
do while
{
文;
} (条件式);

【条件式】
関係演算子論理演算子など、結果として論理値が得られる演算を記述します。

【do while文の処理】
①文を実行します。
②条件式が「真」かどうか調べる。
・真なら①に戻る。
・偽なら反復を終了して次の処理へ進む。

※真偽
真・・・条件式を満たしている状態
偽・・・条件式を満たしていない状態

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

【関連記事】
Java入門 サンプル集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!