【JavaScript】配列の不偏標準偏差

この記事では、JavaScriptを用いて、配列の不偏標準偏差を求める方法とソースコードについて解説します。

## 分散値の計算

今回はJavascriptで配列内のデータの不偏標準偏差を計算してみました。

不偏標準偏差 = 不偏分散の平方根
※ 不偏分散 = ( (データ-平均値)の2乗 )の総和 ÷ (データの個数 – 1)

## ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは以下の通りです。

【main.js】

【index.html】

## 実行結果

サンプルプログラムの実行結果は以下の通りです。

計算結果: 1.41…

【おすすめ関連記事】
Javascript入門 基本文法
Javascriptで数値計算

コメント

  1. 匿名 より:

    // 不偏分散の計算
    function calcVar2(data)
    {
    var ave = calcAve(data); // 平均値
    var varia = 0;
    for (i=0; i<data.length; i++) {
    varia = varia + Math.pow(data[i] – ave, 2);
    }
    return (varia / (data.length-1));
    }

    // 不偏標準偏差の計算
    function calcStd2(data)
    {
    return Math.sqrt(calcVar2(data)); // 分散の平方根
    }
    標準偏差の式と合わせて参考にさせていただきました。ありがとうございました。
    データの個数-1が変ではないかと思い、書き込ませていただきました。

タイトルとURLをコピーしました