【JavaScript】ページ最後(body最下部)に入れた方が良い理由

この記事では、JavascriptをHTMLページの最後(body最下部)に記述・挿入した方がいい理由をを紹介します。

ページ表示速度の向上

ページの表示速度とは、コンテンツ(文章)の表示速度です。
javascriptを上部に記述すると、コンテンツ(文章)よりjavascriptの読み込みを優先するため、コンテンツの表示速度が低下します。
よって、コンテンツの下(body最下部)に記述すれば、コンテンツの読み込みを優先するため、表示速度が上がります。

また、body最下部に記述することで、サーバーから画像等と一緒に並列ダウンロードを行うので表示速度が速くなります。

実行速度はほとんど変化しない

読み込み速度は速くなりますが、実行速度についてはほとんど変化しません。

結論

最下部に記述すると、読み込み速度とコンテンツの表示速度が速くなります。
ただし、ページのレイアウトをjavascriptに依存している場合は、表示崩れが発生する可能性があるので必ずそうした方がいいというわけではありません。

【おすすめ関連記事】
Javascript入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!