【JavaScript】実数乱数の生成 Math.random

この記事では、JavaScriptを用いて任意の範囲の実数乱数を生成する方法とソースコードについて解説します。

実数乱数

JavaScriptでは、Mathクラスの「Math.random」を用いることで乱数生成(0~1の実数)を求めることができます。
今回はそれを応用して任意の範囲で、実数乱数を作成してみました。

【書式】
( Math.random() * ( ( max + 1 ) – min ) ) + min

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは以下の通りです。

【main.js】

【index.html】

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は以下の通りです。

計算結果: 22.4531567

【おすすめ関連記事】
Javascript入門 基本文法
Javascriptで数値計算

シェア&フォローお願いします!