【Javascript】連想配列の使い方

この記事では、Javascriptで連想配列(ハッシュテーブル)を生成する方法とソースコードについて紹介します。

連想配列

連想配列とは、キーを指定して、値を設定する配列です。
ハッシュテーブルとも呼ばれます。

通常の配列では、要素の指定を「数字(インデックス)」で行います。
連想配列では、要素の指定を任意の値(文字列や数値)で行います。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは以下の通りです。
【HTML側(index.html)】

【Javascript側(main.js)】

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は以下の通りです。
「実行ボタン」を押すとアラート画面に「吹雪改二」が表示されます。

【関連記事】
Javascript入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!