シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Brackets】Gitプラグインの使い方

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、BracketsのGitプラグインの使い方についてまとめてみました。

Brackets Gitの操作方法

事前に「Brackets Git」というプラグインをインストールします

クローン

①クローン先のフォルダーを作成します。
②作成したフォルダを開きます。
③画面右にあるアイコンをクリックします。
④「Clone」をクリックします。
⑤Githubから、クローンしたいリポジトリのURLをコピーして貼り付けます。

コミット

①「Commit」ボタンをクリックします。
②「テキストボックス」に変更内容を記述します。

プッシュ

①画面右のGit Pushボタンをクリックします。
②ブランチ名、プッシュの種類、Githubのユーザ名とパスワードを入力して「OK」を押します。

ブランチの切替

①「Get Pull」ボタンをクリックします。
②「Action」から、「Pull from another branch」を選択します。
③「更新」ボタンを押します。
④取り出すブランチを選択します。
⑤「Set ・・・」にチェックを入れます。

【関連記事】
【Brackets】基本的な使い方
ES2015(ES6) 入門
Javascript入門 基本文法

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)