【Cordova】アプリ情報の設定(config.xml)

この記事では、Cordovaを用いてconfig.xmlを編集してアプリ情報を設定する方法方法について紹介します。

アプリ情報の設定

①作成したプロジェクトフォルダを開きます。

前回記事「【Cordova】Androidアプリのプロジェクト作成」の例だと「test」フォルダ

②すると、config.xmlというファイルがあります。
このファイルの中身を編集することでアプリ情報を設定できます。

初期の状態は以下の通りです。

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<widget id="jp.co.orust.test" version="1.0.0" xmlns="http://www.w3.org/ns/widgets" xmlns:cdv="http://cordova.apache.org/ns/1.0">
    <name>Test</name>
    <description>
        A sample Apache Cordova application that responds to the deviceready event.
    </description>
    <author email="dev@cordova.apache.org" href="http://cordova.io">
        Apache Cordova Team
    </author>
    <content src="index.html" />
    <plugin name="cordova-plugin-whitelist" spec="1" />
    <access origin="*" />
    <allow-intent href="http://*/*" />
    <allow-intent href="https://*/*" />
    <allow-intent href="tel:*" />
    <allow-intent href="sms:*" />
    <allow-intent href="mailto:*" />
    <allow-intent href="geo:*" />
    <platform name="android">
        <allow-intent href="market:*" />
    </platform>
    <platform name="ios">
        <allow-intent href="itms:*" />
        <allow-intent href="itms-apps:*" />
    </platform>
</widget>

③主な編集項目は下記の通りです。

項目 説明
<widget>要素のid属性 アプリの識別子(Androidアプリの場合はアプリケーションのパッケージ名)
<name>要素 アプリの名前
<preference>要素 実行時のCordovaフレームワークの設定
<access>要素 通信を許可する外部ドメイン(ホワイトリスト形式)
<feature>要素 「使用するプラグイン名」「それに対応するネイティブ側のプラグインのクラス名」を指定
<content>要素 アプリの開始ページのHTMLファイルのパスを指定(デフォルトはindex.html)
関連記事
【Cordova入門】Android向けハイブリッドアプリ開発
Javascript入門 サンプル集
Java入門
Node.js入門
関連記事