【Cordova】アプリの更新方法(バージョンコードの変更)

この記事では、CordovaでAndroidアプリを更新・アップデートする方法について紹介します。

Androidアプリの更新方法

Androidアプリを更新してストアに反映させたい場合、新しいAPKファイルを再度アップロードします。
その際に重要なのがAPKファイルのバージョンコードです。
APKのビルド前にバージョンコードを変更しないと以下のエラーが出ます。

バージョン コード 〇〇のAPKが既に存在するため、
別のバージョン コードを使用する必要があります。

APKファイルのバージョンコード変更手順

①プロジェクトフォルダ直下にある「config.xml」を開きます。

②wiget要素で新しい「アプリのバージョン」「バージョンコード」を記述します。

<widget android-versionCode="バージョンコード" id="jp.co.orust.reki" version="アプリのバージョン" xmlns="http://www.w3.org/ns/widgets" xmlns:cdv="http://cordova.apache.org/ns/1.0">

ここで、「アプリのバージョン」および「バージョンコード」の値は必ず前回より大きくする必要があります。

③いつも通り、「APKファイルのビルド」「署名」「最適化」を行います。

④デベロッパーコンソールの「リリース管理」→「アプリのリリース」→「リリースの編集」で新しいAPKファイルをアップロードします。

⑤エラーが出なければOKです。

関連記事
【Cordova入門】Android向けハイブリッドアプリ開発
Javascript入門 サンプル集
Java入門
Node.js入門

シェア&フォローお願いします!