【Javascript】選択メニューの値を追加

この記事では、Javascriptを用いて、selectの選択中のoptionのvalueを追加する方法とソースコードについて紹介します。

選択メニューの値を追加

JavaScriptでは、documentクラスを使うことでselectタグ内のoption要素(セレクトボックス)を追加できます。
流れとしては、option要素を作成し、selectタグ内へ追加することになります。

【書式】

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは以下の通りです。
【HTML側(index.html)】

【Javascript側(main.js)】

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は以下の通りです。
実行ボタンを押すと、選択した値がダイアログに表示されます。

【関連記事】
Javascript入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!