【ES2015(ES6)】class文の使い方

この記事では、ES2015(ES6)から利用できるclass文の使い方とソースコードについて紹介します。

class文

Javascriptでは、ES2015(ES6)からclass文によりクラスを定義できるようになりました。

【書式】

// クラス定義
class クラス名{
constructor() { }
メソッド() { }
}

// インスタンス生成
var インスタンス名 = new クラス名;

※constructor()がコンストラクタ(初期化メソッド)となります。
※varでなくletやconstも使えます

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは以下の通りです。
【HTML側(index.html)】

【Javascript側(main.js)】

※コンストラクタやメソッドにもデフォルト引数を設定できます

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は以下の通りです。
「実行する」ボタンを押すと、アラートダイアログに以下の文が表示されます。

装備1:10cm連装高角砲
装備2:61cm三連装魚雷
装備3:未装備

【関連記事】
ES2015(ES6) 入門
Javascript入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!