【Javascript】外部ファイルに記述して実行

スポンサーリンク

この記事では、外部ファイルに記述してJavascriptを実行させる方法を紹介します。

スポンサーリンク

外部ファイルに記述

Javascript(ジャバスクリプト)は、外部ファイルに記述し、そこからプログラムを呼び出すことができます。
外部ファイルに記述することで、HTML側がスッキリしたり、スクリプトをメンテナンスしやすくなります。
プログラムが長くなる場合は、外部ファイルに記述するのがおすすめです。

【書式】
<script type="text/javascript" src="ファイルパス"></script>

外部ファイルの場所をファイルパスに記述します。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。
【HTML側(index.html)】

【外部ファイル側(main.js)】

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。
「実行」ボタンを押すと「にゃんぱすー」と書かれたアラート画面が表示されます。

【おすすめ関連記事】
Javascript入門 基本文法

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!